警視庁ゼロ係(3rd)あらすじ、ネタバレ、感想、最終回結末まで!

このページでは、毎週、金曜日(20:00)から放送中のドラマ「警視庁ゼロ係 ~生活安全課なんでも相談室~3rdシーズン」について、まとめて紹介しています。

警視庁ゼロ係 3rdシーズン

ストーリー

“ゼロ係”と揶揄される警視庁杉並中央署の「生活安全課なんでも相談室」。そこのエリートキャリアで究極のKY刑事と、問題ばかり起こすベテラン女性刑事がさまざまな事件・雑用に挑む!

キャスト

小早川冬彦・・・小泉孝太郎
寺田寅三・・・松下由樹
本条靖子・・・安達祐実
桜庭勇作・・・木下隆行
太田文平・・・戸塚純貴
谷本敬三・・・石丸謙二郎
国仲春吉・・・加藤茶

相関図

警視庁ゼロ係(3rd)」放送前の評判は、

  • このドラマは大好きなので楽しみ。大杉漣さんがいないのは少し淋しいけど。早く、みんなを見たい。
  • このシリーズ、超絶おもしろい。大杉漣さんがいないのは少し淋しいけど、放送を楽しみにしてます。
  • 同じ夏だからスイカと思いきや今度は唐辛子野郎ですか。冬彦は赤がポイントだからイチゴ→スイカ→唐辛子ときたかw
  • コミカル、嫉妬、陰謀全部含んでいる、このドラマって凄く面白いんですけどw
  • secondseasonでレポート沢山あったからまだまだ続くかな?

「警視庁ゼロ係(3rd)」1話。あらすじ、ネタバレ感想。

《1話》あらすじネタバレ!

【2018年7月20日】
厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係の冬彦(小泉孝太郎)と寅三(松下由樹)は、ビニールで全身を巻かれた女性の絞殺体を発見する。
同じ手口の被害者は今回で3人目。全員が右手の小指を切断されていた。ゼロ係にもたらされたある情報筋により、全員が精神科医・実相寺(嶋田久作)の関係者と分かり、実相寺は逮捕されるが、同じ手口の新たな犠牲者が出て…。

《1話》ネタバレ感想。

  • さすが「攻めのテレ東」20時台に中々エグい内容ブチ込んできたね。片岡鶴太郎もしっくりきたし、松下由樹と安達祐実のけなし合いも面白い。
  • 面白かった~!実相寺が犯人なんだろうけどトリックが全く分からん!w
  • 石坂浩二は単なる変わりもんだったらいいけど、やっぱりなんかの事件に関わってるのかな
  • 平岡くん、冬彦の仲間かと思いきや敵か?それにしても安定の面白さだね。
  • 鶴太郎良かったと思う。故人と比較するのは酷。あとはアドリブやり過ぎてドラマが壊れなければいい。
  • いい年した息子を呼び捨てにしたことない両親。冬彦の家は上流階級なのか?

「警視庁ゼロ係(3rd)」2話。あらすじ、ネタバレ感想。

《2話》あらすじネタバレ!

【2018年7月27日】
逮捕された精神科医・実相寺(嶋田久作)が冬彦(小泉孝太郎)に予言した通り、5人目の犠牲者が出た。

これまで同様に、遺体はビニールで巻かれ、右手の小指が切断されていた。冬彦は、遺体に巻かれていたビニールのある特徴から、逮捕前の3件が実相寺の犯行で、他2件は模倣犯による犯行と考える。

一方、キャリア管理官・金田一(平岡祐太)は、犯人は実相寺ではなく、警察が誤認逮捕をした可能性を指摘するが…。

《2話》ネタバレ感想。

※放送終了後に追記

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*