吉岡里帆【ごめん、愛してる】での役やドラマ出演歴まとめ【画像】

吉岡理帆

ごめん、愛してる』に三田凜華(みた・りんか)役で出演している女優の吉岡里帆(よしおか・りほ)さんのドラマでの配役や彼女のプロフィール、ドラマ出演歴をまとめて紹介します。

吉岡里帆出演『ごめん、愛してる』とは

幼少期に母親に捨てられ裏社会で生きてきた長瀬智也演じる主人公「岡崎律」の愛をテーマにした本格派ラブストーリー。

本作で吉岡里帆は他人のために自己犠牲をいとわない純粋で愛情深い女性。幼なじみのサトルに恋心を抱いている女性「三田凜華(みた りんか)」役で出演。

関連情報
ロケ地、あらすじ、キャスト情報。

『吉岡里帆』プロフィール

読み方 よしおか・りほ
生年月日 1993年1月15日
出身地 京都府
身長 158cm
血液型 B型
ジャンル 女優

NHK連続テレビ小説『あさが来た』で波瑠演じるヒロイン・あさの娘の親友役で注目を集めだすと放送終了後には宮藤官九郎の脚本作品『ゆとりですがなにか』で民放連続ドラマに初レギュラー出演を果たし、その後は『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)、『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』(フジテレビ系)、『カルテット』(TBS系)と4期連続でレギュラー出演するなど、今、飛ぶ鳥を落とす勢いの若手女優。

『吉岡里帆』ドラマ出演歴

ここでは吉岡里帆さんの主な過去のドラマ出演作品を紹介します。

NHKドラマ10『美女と男子』2015年

美女と男子_吉岡理帆

ひょんなことから芸能マネージャーとなったヒロイン・一子(仲間由紀恵)と、彼女がスカウトした年下の新人男優・遼(町田啓太)が芸能界を舞台に活躍する様子を描いたサクセスストーリー。

本作で吉岡里帆は表向きは清純派女優だが実はクセがかなり強い女「朝倉かれん」役で出演。

NHK連続小説『あさが来た』2015年

あさが来た_吉岡理帆

「幕末」から語り起こす物語で、時代に先駆け、銀行、生保を設立し、後には日本最初の女子大学設立に尽力した実在の人物・広岡浅子をモデルにした作品。主演は波留が演じた。

本作で吉岡里帆は波瑠演じるヒロイン・あさの娘の親友「田村宜」役で出演。このときに掛けていたトレードマークの丸メガネで一躍注目を集める。

『ゆとりですがなにか』2016年

ゆとりですがなにか_吉岡理帆

「ゆとり第一世代」と社会に括られるアラサー男子3人が、仕事に家族に恋に友情に、迷い、あがきながらも懸命に立ち向かう!笑いあり涙ありの人間ドラマ。

本作で吉岡里帆は松坂桃李演じる山路一豊に告白してしまう教育実習生「佐倉悦子」で出演し民放連続ドラマに初レギュラー出演を果たす。

『死幣-DEATH CASH-』2016年

死幣_吉岡理帆

SKE48・松井珠理奈主演のホラードラマ。「呪われた一万円札=死幣」を手にした人間が次々と不可解な死を遂げるという本格ホラーサスペンス。

本作で吉岡里帆は家が貧乏で働き詰めの毎日を送る苦学生「萩森一恵」で出演。

『メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断』2016年

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断_吉岡理帆

どんな難しい手術も成功させる脳神経外科医・橘志帆(吉田羊)が手術中に幻覚を見たことが原因で外科医を辞めた後、医師が解明できなかった病の原因を究明する解析診断部の医師となり、全員女性で個性が強いキャラクターが集まった同じ部のメンバーたちとさまざまな患者を救っていく姿を描く医療ミステリー。主演は吉田羊。

本作で吉岡里帆は吉田羊演じる「橘 志帆」に振り回される研修医「田丸綾香」役で出演。

『カルテット』2017年

カルテット_吉岡理帆

カルテットを結成した男女4人(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)の思いが複雑に絡み合う大人のラブストーリー

本作で吉岡里帆は元地下アイドルで目が笑っていない魔性の女「来杉有朱」役を演じ大注目を集める。

以上『ごめん、愛してる』三田凜華(みた・りんか)役の吉岡里帆さんについてでした。

吉岡里帆さん出演の『ごめん、愛してる』は2017年7月より日曜日(21:00)からTBSで放送予定です。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*