ドラマ「サバイバル・ウェディング」あらすじ、ネタバレ、感想、最終回結末まで!

このページでは、波留・主演ドラマ『サバイバル・ウェディング』(毎週土曜日 21:00)のあらすじ(ネタバレ)感想を初回から最終回結末まで、まとめています。

「サバイバル・ウェディング」概要

ストーリ

寿退社したその日に婚約破棄された元編集員・黒木さやか(波瑠)。彼女がドSなカリスマ編集長に拾われ「半年以内に婚約しないとクビ」というミッションを課せられてしまうサバイバルコメディドラマ。

出演キャスト

黒木さやか・・・波瑠
宇佐美博人・・・伊勢谷友介
柏木祐一・・・吉沢亮
三浦多香子・・・高橋メアリージュン
奥園千絵梨・・・ブルゾンちえみ
石橋和也・・・風間俊介

人物相関図

「サバイバル・ウェディング」前評判は、

  • 伊勢谷さんってどんな基準で作品でるか決めてるのか気になるわ。
  • メアリージューーン出演がわかり、視聴決定
  • 石田ニコルさん!楽しみだ。天才女優の芝居を堪能しよう。
  • 意外と脇に役者揃えてるが、相手が風間じゃちょっと釣り合いが・・・
  • 波瑠が好きだから、初回は観るかな

「サバイバル・ウェディング」1話あらすじ(ネタバレ)感想まとめ。

《1話》予告動画

《1話》あらすじ(ネタバレ)

【2018年7月14日放送】
2018年3月。出版社で男性週刊誌の編集部に勤務するさやか(波瑠)は、現在29歳。3か月後の30歳の誕生日に結婚式を挙げることになり、晴れて寿退社し、幸せに向けて一直線……のはずだった。

しかし、会社を辞めたその夜、恋人の和也(風間俊介)の浮気が発覚!なんと婚約破棄されてしまう。結婚準備でかさんだ出費で、さやかは金銭的にも大ピンチに…!!

恥をしのんで復職のお願いに行った元上司に紹介されたのは、今までとは畑がまったく違う女性向けライフスタイル誌「riz」の編集部。

「riz」のカリスマ編集長・宇佐美(伊勢谷友介)は、さやかに「半年以内に結婚すること」と「俺の言う通り婚活して体験談を連載にすること」を再就職の条件として突きつけてきた!!

キレ者だが毒舌で自称「日本で恋愛に一番詳しい」宇佐美がさやかに命じたのは「自分の価値を上げること」。

“和也と復縁→結婚”を目指すさやかは、ことあるごとにハイブランドのマーケティング戦略を引き合いに出す宇佐美の指示で、和也からの連絡をとことんスルーすることに。

先輩編集者の優子(須藤理彩)や同期の多香子(高橋メアリージュン)、SNS担当の千絵梨(ブルゾンちえみ)ら個性豊かな編集部の面々にこき使われながら、和也に連絡できる日を待ちわびるさやか。

不器用だが一生懸命なさやかととあるイベントで出会った祐一(吉沢亮)は、彼女のことを気にかけるが……。

そんな中、遂に和也から「会いたい」という連絡を受けたさやか。しかし宇佐美はさやかを“手に入りにくいブランド品”に見せるために、和也との約束は30分で切り上げ、しかも他の男と会っている現場を見せつけるよう命令するが…!?

《1話》ネタバレ感想

「サバイバル・ウェディング」2話あらすじ(ネタバレ)感想まとめ。

《2話》予告動画

《2話》あらすじ(ネタバレ)

【2018年7月21日放送】
「大切にされたかったら体を許すなよ」宇佐美(伊勢谷友介)から恋愛戦略を聞かされた直後にも関わらず、元婚約者の和也(風間俊介)に迫られ思わず流されてしまったさやか(波瑠)。

「編集長には絶対言えない…」宇佐美への後ろめたさを感じつつも、婚活連載「サバイバル・ウェディング」の初回に向けて準備をスタートさせる。

結婚を楽しみにしている実家の母・美恵子(財前直見)からの電話には「式が半年延期になった」ととっさにウソをついてしまうが、やはり“自分を安売りしてしまった”さやかに和也からの連絡は途絶えたままだ。

そんな中さやかが出会ったのは、新たに担当になったタイアップ広告の代理店営業マン・祐一(吉沢亮)。実は祐一は、先日のイベントでさやかが用意したガッツリ系のお弁当を唯一食べてくれた着ぐるみの“中の人”だった!

仕事もできる“超絶さわやかスーパーイケメン”祐一にときめくさやかだったが、クライアントの愛され系女子・美里(奈緒)も彼に絶賛アプローチ中。さやかは美里が仕掛ける女子力対決を受けて立とうとするが…。

久しぶりの“恋のはじまりの予感”をさやかは生かすことができるのか!?和也との関係には“未来”があるのか!?そして宇佐美がさやかに授ける次なる“作戦”とは??

《2話》ネタバレ感想

  • 長く付き合ってて情が移って別れ辛いっていうのはわかるけど、憧れの先輩設定は無理がある、風間もこれからねちねち絡んできそうだね
  • 一話のキス&ベッドシーンよりも、回想での優しげな笑顔だったり、ラストのマグカップを捨てられない辺りが、凄く印象的だったので、クズでも最低でも和也を応援したくなる
  • 波留みたいな可愛くも綺麗にも見える感じの清潔感あふれる女が、今日の私の服はおばさん、声はおじさん、今の私おばさんっぽい…とか言ってても全然、どこが????って思ってしまって何かイラつく
  • サバイバルウェディングの 波瑠ちゃんと以前の自分が 重なりすぎて泣ける 元カレ底なし沼から抜け出せて本当に良かった〜 元カレとの関係を断ち切ることこそ 本当の #やめ恋 だと思う。
  • サバイバルウェディングの編集長のお言葉が響きすぎる 会いたくて体許して自分の価値を下げてって、あ゛ぁ゛目が覚めた

「サバイバル・ウェディング」3話あらすじ(ネタバレ)感想まとめ。

《3話》予告動画

《3話》あらすじ(ネタバレ)

【2018年7月21日】
人選が難航していたさやか(波瑠)の新連載のイラストは、かつて大ブレイクしたイラストレーター・439(よさく)に頼むことに。彼と知り合いだというバー・クリフのマスター(荒川良々)の協力もあって、なんとか新連載はスタート。

つまりさやかの結婚までに残された時間は、あと連載5回分の5か月だけ。焦るさやかに宇佐美(伊勢谷友介)が授けた次なる作戦は、自分のような超ハイブランドな人間ではなく、“アクセシブル・ラグジュアリー(=手の届く高級品)”のような女性を目指すこと!そのためにさやかは、顧客(=男性)のニーズに合う“愛されファッション”を宇佐美チョイスで買いそろえに行くことに。

しかし、宇佐美に押し切られて買った愛されワンピを、さやかは祐一(吉沢亮)との打ち合わせに着ていく勇気がない。そんな様子を見かねた宇佐美は、多香子(高橋メアリージュン)たちにさやかを“変身”させるよう命令する。

美しく生まれ変わったさやかを宇佐美が連れていったのは、人気デザイナーのレセプションパーティー。しかし、そこには和也(風間俊介)と恋人・カオリ(石田ニコル)、そして祐一、さらには祐一の父・柏木惣一(生瀬勝久)まで来ていて…!?

《3話》ネタバレ感想

放送終了後に追記します。

読者の感想や評価は、

サバイバル・ウェディング

View Results

Loading ... Loading ...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*