坂口健太郎【ごめん、愛している】での配役やドラマ出演歴は?【画像】

坂口健太郎

ごめん、愛している』に日向サトル(ひゅうが・さとる)役で出演している坂口健太郎(さかぐち・けんたろう)さんのドラマでの配役やプロフィール、過去のドラマ出演歴をまとめて紹介します。

坂口健太郎出演『ごめん、愛している』とは

幼少期に母親に捨てられ裏社会で生きてきた長瀬智也演じる主人公「岡崎律」の愛をテーマにした本格派ラブストーリー。

本作で坂口健太郎は老若問わず女性に絶大な人気を誇るアイドルピアニスト「日向サトル(ひゅうが・さとる)」役で出演。

■関連情報
ロケ地、あらすじ、キャスト情報。

『坂口健太郎』プロフィール

読み方 さかぐち・けんたろう
生年月日 1991年7月11日
出身地 東京都
身長 183cm
血液型 O型
ジャンル モデル、俳優

受賞歴

  • 第40回日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞(映画:64-ロクヨン-)
  • 第41回エランドール賞・新人賞を受賞(映画:64-ロクヨン-)

どんな人

男性向けファッション雑誌「MEN’S NON-NO」の専属モデルとして活動するほか、近年はドラマや映画、CMにと活躍の場を広げている人気若手俳優。2018年公開予定の映画『今夜、ロマンス劇場で』では、女優の綾瀬はるかとW主演することが決まっている。

『坂口健太郎』ドラマ出演歴

ここでは坂口健太郎さんの主な過去のドラマ出演作品を紹介します。

『コウノドリ』2015年

コウノドリ_坂口健太郎

産婦人科に加え、新生児科、小児科、救命救急などのチーム医療をテーマに、お母さんと赤ちゃんの命をあずかる医師たちの奮闘を描いた医療ドラマ。

本作で坂口健太郎はICU(新生児集中治療室)で働く医師「白川領」役で出演し連続ドラマ初出演となる。主演は綾野剛

『とと姉ちゃん』2016年

とと姉ちゃん_坂口健太郎

“父親代わりの長女”小橋常子(高畑充希)が、生前の父が教えてくれた「当たり前の暮らしがいかに大切か」という教えを胸に、2人の妹と母を守りながら激動の昭和の時代を生きていく様子を描いた作品。主演は高畑充希

 本作で坂口健太郎はヒロイン「常子(高畑充希)」にプロポーズしたが断られ、ひとりで大阪へ向かった青年「星野武蔵」役で出演。

『重版出来!』2016年

重版出来_坂口健太郎

漫画雑誌『週刊バイブス』の新人編集者の活躍と成長を描いた作品。主演は黒木華

 本作で坂口健太郎は望まない部署に配属され、仕事に熱意を持てず、営業先からもその存在感の薄さから、「ユーレイ」というあだ名まで付いてしまった、若手営業マン「小泉純」役で出演。

この時に演じた「自然な演技」が視聴者から「感情移入できる」「気持ちが分かる」との声がtwitterなどで続出。

個性派俳優・演技派俳優たちが名を連ねる本作に大きな爪痕を残した。

『東京タラレバ娘』2017年

東京タラレバ娘_坂口健太郎

東村アキコの漫画作品で「ああだったら……」「こうなれれば……」と仮定の話ばかりする“タラレバ”女子たちの迷走を描くラブコメディ。

本作で坂口健太郎は「タラレバ娘」に胸に刺さるような辛辣な言葉ばかりを発する、金髪のモデル「KEY」役で出演し大注目を集める。

以上『ごめん、愛している』日向サトル(ひゅうが・さとる)役の坂口健太郎さんについてでした。

坂口健太郎さん出演の『ごめん、愛している』は2017年7月より日曜日(21:00)からTBSで放送予定です。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*