陸王のネタバレ・感想!第1話から最終回まで全話イッキ見!

このページでは「陸王のネタバレ・感想」について書いてます。

『陸王』ネタバレ・感想。第1話~最終回結末まで。

「陸王」を見る時間が無い!見る程でも無いけど話の内容はザックリと知っておきたい。そんなアナタヘ!陸王のネタバレを最終回結末までザックリとまとめています。

《1話》ネタバレ!

埼玉県行田市の老舗足袋製造会社「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)は近年の時代の変化で足袋の売れ行きに困っていました。

そのため、紘一は銀行から追加融資を受けに向かうのですが、ここで融資の担当者・坂本太郎(風間俊介)と出会います。そして新規事業の展開を勧められました。

こはぜ屋では先代がマラソン用の足袋の研究をしていたのですが、現在は製造していません。紘一はもう一度このマラソン用の足袋の開発をしようと決意しますが、こはぜ屋の経理担当常務の富島玄三(志賀廣太郎)に反対されます。

ある日、坂本からランニングインストラクターの有村融(光石 研)を紹介されます。そして有村から愛知県豊橋市で開催されるマラソン選手権大会を見に行こうと誘われます。
この大会で注目されていたのはダイワ食品の茂木裕人(竹内涼真)とアジア工業の毛塚直之(佐野岳)のライバル対決。

そしてこの大会には茂木に自社のランニングシューズを提供している大手スポーツメーカー「アトランティス」の営業部長・小原賢治(ピエール瀧)とその部下・佐山淳司(小籔千豊)も見に来ていました。ですが茂木は怪我で途中棄権してしまいます。

ここで紘一は茂木に開発中のシューズを履いてもらいたいと思うようになり茂木のコーチのもとを訪ねますが、大手メーカーのアトランティスがスポンサーに付いている事から断られてしまいます。

さらに融資をお願いしている銀行の家長亨(桂雀々)支店長と坂本の上司・大橋浩(馬場徹)からは新規事業よりリストラを提案されます。後日、融資担当者の変更による引き継ぎでこはぜ屋に坂本と上司の大橋が訪ねてきました。

大橋は未だにリストラに踏み切る事を勧めてきますが、紘一はリストラはしないと断言。そこで坂本から「シルクレイ」という素材が開発中のシューズに最適なのではと提案されます。そしてこの開発中のシューズは先代が研究していたシューズの名前「陸王」を引き継ぐ事となるのです。

一方、大会で怪我をしてしまった茂木は以前、紘一がダイワ食品にお願いに伺った際に置いていった開発中のシューズを初めて手に取りました。

《1話》感想

今回の「陸王」ランニングシューズ作りって事で、池井戸作品の中でも話が一番わかりやすいドラマかも。

半沢直樹は復讐劇だったし、ルーズベルトゲームは唐沢君と野球部の工藤阿須加君しか印象がない感じだし…

それにしても、役所広司は演技が上手いよね!ちょっと頼りない感じが、人のいい社長にはピッタリハマってるし、竹内涼真も風間俊介も役柄にハマっているし、2話以降も楽しみですね。

あと、池井戸作品では銀行員は毎回大変だなぁって再確認しましたw

《2話》ネタバレ!

10月29日の放送終了後に記載します。

動画・見逃し配信はココで!

陸王を見逃した方は下記の記事で視聴方法を詳しく紹介しています。
「陸王」見逃した!動画を無料視聴する方法!