コウノドリ2(続編)あらすじ、感想。最終回結末までイッキ見!

コウノドリ2nd

このページでは「コウノドリ(続編)のあらすじ・感想」を最終回まで全話まとめてます。

「コウノドリ(続編)」あらすじ、感想まとめ

感想にネタバレが含まれていますのでネタバレNGの方はココから先は見ないほうが良いと思います。

《第1話》あらすじ、感想

《あらすじ↓↓》

産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)は助産師の小松(吉田羊)と耳が聞こえない妊婦の早見マナを診察していた。

その頃、産婦人科医・四宮(星野源)が診察した妊婦(佐野彩加)の赤ちゃんは“心室中隔欠損”と呼ばれる心臓に小さな穴が開く疾患にかかっている事が分かる。

《感想↓↓》

《第2話》あらすじ、感想

《あらすじ↓↓》

ある日、診察に来た妊娠19週の妊婦・佐和子(土村芳)は、サクラ(綾野剛)に子宮頸部腺がんと診断される。

がんの進行が早く、まだ完全に佐和子のお腹の中で育っていない赤ちゃんをどの段階まで成長させるか、佐和子の治療をどこまで遅らせるのか、非常にシビアな決断が久保夫婦に迫る。

《感想↓↓》

放送終了後に記載します。

「コウノドリ(続編)」動画(見逃し配信)情報!

「コウノドリ」の第1話から最新話までの動画(見逃し配信)情報を下記の記事でケース別に紹介してます。
【コウノドリ】動画(見逃し配信)情報。全話イッキ見するには?