ネタバレ注意!限界団地・5話の感想と6話あらすじ。

このページでは「限界団地・5話」を観たみんなの感想や口コミ評価を調べて紹介しています。(感想にはネタバレが含まれていますので、ネタバレNGの方は注意してくださいね。

限界団地(ドラマ)とは

ストーリー概要

佐野演じる、優しいが思い込みが激しい“最狂の老人”寺内誠司(62歳)が、廃れ果てた団地を、古き良き団地へと導こうと画策する様を描いたドラマ。

人物相関図

《5話》ネタバレ感想

《6話》あらすじネタバレ

予告動画

あらすじチェック!

あやめ町団地が老朽化のために取り壊されることを聞いた寺内(佐野史郎)は、住人を説得して反対の署名運動を始めた。

団地の取り壊し事業を担当するのが、江理子(足立梨花)の高校時代の先輩でもある二宮(郭智博)。取り壊しへの反発と江理子と親しく接する様子を見て、寺内は二宮への敵意をむき出しにする。

そんなある日、穂乃花(渡邊詩)が亡くなった両親に話しかけるそぶりを見せた後、ひと言も話さなくなってしまった。

動揺した寺内は江理子を呼び出し「穂乃花の母親になってほしい」と懇願する。

「江理子を母親と認識すれば穂乃花も元に戻るだろう」と寺内に説得された江理子は、戸惑いながらも寺内の家で穂乃花の母親役を引き受けることになった。

こうしてはじまった奇妙な“家族ごっこ”、しかしそれは予想外の方向へと向かうことに…。(公式HPより)

限界団地・見逃し配信をチェック!

限界団地を見逃した人はFODプレミアムで全話見る事ができますので、詳しくは公式HPで確認して下さい。

「FODプレミアム」公式サイトはコチラ↓↓↓
まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

読者の感想や評価は

限界団地:5話

View Results

Loading ... Loading ...

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*